夢への第一歩を踏み出せたことが凄く嬉しい

ーオーディションに合格された感想を聞いてもよろしいでしょうか?

芳賀:まず、担任の先生から連絡が来たときに、本当なのかを確認しました。
髙木:連絡がご飯食べている時だったんですが、丁度味噌汁飲んでるときに、チラッと見たら連絡が来ていて「合格おめでとう」というのを見たときに鼻から味噌汁が出るくらい驚きました(笑)

ー次に、実際に収録をしてみてどうでしたか?

芳賀:思ったよりも早く終わってびっくりしました。もっと、「駄目駄目!もう一回」みたいなのを想像していたので。
髙木:俺の場合がそうでした!台詞が言えなくて何回かやり直しを・・・。
芳賀:私は少ない回数で終わって良かったです。

ー髙木さんはどうでしたか?

髙木:やっぱり緊張しますね。

髙木 康多くん(カイ役),芳賀 瑞希さん(メアリー・クワイエット役)

ーやっぱり、ああいう風にあらたまった場というのは貴重な体験ということですね。


ー始まってからの緊張とかはどうですか?

髙木:不安はあったんですが、いざ始まると楽しみたいなって。

ー現場を楽しめた感じですか?

髙木:楽しかったですね。
芳賀:言ってる間は凄い楽しいんですけど、言い終わって、ちょっと待ってくださいって時に・・・。
髙木:待ち時間ね!「聞くんでちょっと待っててください」ていうのが怖くて。

ー企業の人たちがいて、ジャッジされる瞬間ですね。

芳賀:あの瞬間が一番怖かったです。
髙木:それで、OK貰ったときの達成感!
芳賀:嬉しい!みたいな。
髙木:叫びたいくらいでした!

ートイフリの印象はどうでしたか?

芳賀:企画を見たときに絵がかわいいな、って。やりたいなって。

ー髙木さんはどうですか?

髙木:私も絵がかわいいなって(笑)アンビションさんのゲームを過去にやってて、それとはまた違った印象でした。

ーやっぱり事前の資料を見て「こういう声で行こう」とか膨らませたりするんですか?

髙木:想像はしましたね。

ー世界観の想像をしながら、自分の声を活かしつつという感じですね。


ー難しかった台詞はありますか?

髙木:二つのキャラに共通する「フンッ」て声ですね。丁度オーディションの時に鼻詰まっていて、詰まってた方が「フンッ」て言いやすいですね(笑)昨日今日で鼻詰まってなかったので、言い辛かったです。
芳賀:単に滑舌の問題なんですが、「進むよ!」って言えなくて。

髙木 康多くん(カイ役),芳賀 瑞希さん(メアリー・クワイエット役)

ー生の現場はどうでしたか?

芳賀:緊張しますね。

ー今回の経験で学べたことはありますか?

髙木:やっぱり現場を体験できたことが良かったと思います。
芳賀:授業じゃ出来ないような体験でした。
髙木:企業の方も実際にいらっしゃいますしね。

ー学生生活はどうですか?

芳賀:楽しいですね。何でも楽しいです。
髙木:充実しています。

ー流行っていることってありますか?

芳賀:カラオケは皆共通して好きですね。

ーアプリとかはどうですか?

髙木:人によると思いますね。強いて言えばラブライブ?
芳賀:結構男女問わずやってますね。

ーこれからどんな声優になりたいですか?目指す人とか

髙木:憧れの人は一杯いるんですけど・・・大塚明夫さんですね。本当に好きです。ゲームとかでも格好良いですし。
髙木:それに物まねとかするよね?
芳賀:そうだね。

ー声優さんの物まねですか?

髙木:全然似てないですけどね。

ー似てないけどやるんですね。芳賀さんはどうですか?

芳賀:好きな声優さんが男性ばかりなので、あまり目標とかは。けど可愛い声が好きですね。田村ゆかりさんとか好きです。

ー声優を目指したきっかけはありますか?

芳賀:アニメが好きだったからですね。
髙木:自分もそうです。

髙木 康多くん(カイ役),芳賀 瑞希さん(メアリー・クワイエット役)

ーお二人ともアニメが好きなんですね。例えばどんな作品ですか?

髙木:アニメだけでなくゲームも好きなんで。何でもですね。

ー東京ビジュアルアーツを選んだ理由はなんですか?

芳賀:他の学科とのコラボレーションが楽しそうだな、って思って。
髙木:僕もそうですね。

ー体験授業などは参加されましたか?

芳賀:参加しました。最初の体験がアフレコでした。

ー入学してみてどうでしたか?

芳賀:着替える場所がちょっと狭いですね。
髙木:最近更衣室使わないで、皆教室で着替えてます。
芳賀:開放的です。
髙木:皆仲は良いです。

ーいつ頃から学校を決めたんですか?

髙木:AO入学が始まる6月頃だったかな。
芳賀:かなり早い段階で決めていたと思います。

ー進路について迷ったことはありますか?

髙木:うーん・・・・・・今が楽しすぎて忘れちゃいましたね。

ーご両親は進路に対して反対とかしなかったですか?

芳賀:それは全然無かったです。「やりたい事をやりなさいよ」って言ってくれました。
髙木:僕もですね。ずっと反対されるかと思ってギリギリまで黙っていたんですが、いざ話してみたら「やりたい事ならいいんじゃない」って。

ーやりたいことをやらせてくれる親御さんですね。

芳賀:良い親を持ちました。
髙木:あ、後はちゃんと通えるか不安でした。一人暮らしちゃんとできるのかなって。

髙木 康多くん(カイ役),芳賀 瑞希さん(メアリー・クワイエット役)

ー他に検討した学校などありますか?

芳賀:ここしかないですね。
髙木:検討というか、一度ここに来てここにしようって決めました。

ー複数見ないで決めたんですね。

芳賀:見ないで決めちゃった感じですね。でも、複数回る人のほうが多いと思います。
髙木:最初に体験入学で来たのが高校1年生のときなんですが、その時に「ここにしよう」って決めました。
芳賀:無料バスが出ているのも大きいですね。家から凄い近かったので。

ースランプになった時の克服法とかありますか?

髙木:始めてからまだ半年しか経ってないのでわからないですね。
芳賀:スランプになるような実力もまだ無いですし。
髙木:スランプって事に気付かないかも。

ー声優を目指して入学してくる後輩に一言お願いします。

髙木:「一緒にがんばろう」ですね。
芳賀:「オーディションとかを一杯受けたほうが良いよ」って伝えたいです。

ー可能性を広げたほうが良いってことですね。

芳賀:チャレンジ精神が大事です。
髙木:一歩踏み出して欲しいです。

ーオーディションを終えて、友達とかに報告しましたか?

芳賀:あんまり言ってないですね。
髙木:「オーディション受かったよー」くらいは言いましたね。

ーアプリが出たらやってくれますか?

芳賀・髙木:やります!
髙木:自分が出てますしね。

ー是非プレイして頂ければと思います!

芳賀:流れるたびにもだえるんだろうなぁって思います。
髙木:「頑張れ俺!」って言うと思います。



髙木 康多くん(カイ役),芳賀 瑞希さん(メアリー・クワイエット役)採用理由
TOPページに戻る
株式会社LIFEMAP 専門学校情報サイト- コレカラ進路.JP Copyright © 2004 - 2015 LIFE MAP.inc All Rights Reserved.