美容師になるにはまず美容師のことを知ろう!|職業大辞典

美容師とはどんな仕事か

美容院でお客様の髪を切りヘアスタイルを整える美容師。女性のオシャレの一環である美容院は美容の最先端。
有名美容師ともなれば予約を取るのも大変な人気ぶりです。
主な仕事内容は、カット、カラー、パーマ、シャンプー、マッサージ、着付け、メイク、ネイルを行う他、 掃除や事務作業までたくさんの仕事をこなし、立っていることがほとんどの一日です。またお客様とのコミュニケーションを取ることも大事な仕事。
また美容師と理容師は国家資格が違う仕事になります。理容師には美容師にないシェービング(剃刀技術)を行います。

美容師になるには?

美容師国家資格が必要です。
まず厚生労働大臣指定の養成施設で昼間・夜間課程2年以上、通信課程3年以上を卒業することで受験資格を得たのち、年2回実施(春・秋)の筆記試験と実技試験に合格、晴れて資格取得となります。
また美容院に就職したのちは、その就職先によって違いますが、シャンプーやカラーなどのアシスタント経験を積みテストなどを受けお客様のカットを担当できるスタイリストを目指します。

美容師になる必要な資格

美容師国家資格

美容師の将来性

今や美容院は地域に必ずあり、オシャレなイメージから若者に人気の職業となっています。
日本の美容も世界に認められ、これからも流行を発信し続ける活気のある業界です。
人気美容師になれば、収入も増え、自分の店を持つことも夢ではありません。
しかしそうなるには、練習や経験、そして新しい流行を生み出すセンスや独創性も必要になってきます。
実力を磨くために努力をし続ける必要がある業界と言っていいでしょう。

美容師の就職先

美容院
エステ

美容師の平均年収

約260万円

美容師にはこんな人が向いている?

・好きなことには努力を惜しまない人
・人と話すことが好きな人
・プロフェッショナルに憧れる人