メイクアップアーティストになるにはまずメイクアップアーティストのことを知ろう!|職業大辞典

メイクアップアーティストとはどんな仕事か

テレビや雑誌、ポスターなどに出る俳優やモデルのメイクやヘアスタイルを担当する仕事です。
ただメイクをするだけでなく、そのモデルや衣装や場の雰囲気に合わせたメイクをしたり、髪型やネイルなどトータルで行う技術が求められています。具体的な仕事内容としては撮影現場に出向き、モデルにメイクをし、撮影やモデルの状況を見て即座にメイクを変えるといった対応をしたりして現場に付きます。その他クライアントとの打ち合わせや、仕事先によっては美容院や結婚式場専属で働いている人もいます。美的センスを磨くことや流行に敏感なことが求められます。

メイクアップアーティストになるには?

特に資格は必要ありませんが、現場で要求されることが多いため美容師の資格を持っている人が多くいます。
一般的には専門学校でメイクの技術やカラーの知識など基本知識を修得したのち、美容のプロダクションや結婚式場などに就職します。プロのアシスタントになったりして経験を積んだのち、独立する人もいます。また立ち仕事なので体力や、たくさんの人と関わる現場なのでコミュニケーション能力も必要とされます。

メイクアップアーティストになる必要な資格

なし

メイクアップアーティストの将来性

メイクに対する関心は昔と比べて大きくなっており、化粧品メーカーも工夫をこらして新商品を開発しており、メイクアップアーティストは絶対に必要とされる存在です。収入も活躍する業態などでピンキリですが、とにかく実力がモノをいう業界。あらゆる化粧品や美容に精通し、多くの顧客の信頼を得ることこそが、成功への道です。

メイクアップアーティストの就職先

美容専門プロダクション
メイクアップ専門会社
化粧品会社
美容室
結婚式場

メイクアップアーティストにはこんな人が向いている?

・好きなことには努力を惜しまない人
・自分の意見を言える人
・辛抱強く、諦めない人