ネイルアーティストになるにはまずネイルアーティストのことを知ろう!|職業大辞典

ネイルアーティストとはどんな仕事か

お客様の爪にお手入れを施す専門家で、別名ネイリスト。近年急激に人気となり今や一般職業として定着した人気業界。その技術も瞬く間に進化を遂げ、マニキュア・ジェルネイル・ペディキュア・人口爪などはもはや定番。女性の「カワイイ」心を掴んで、デコネイルなど新しいテクニックも毎日のように生まれ続けています。一般ネイリストの仕事内容はネイルサロンで接客し、顧客の要望のネイルを施し、場所によっては マッサージやネイルチップの作成なども行い、また手や爪に関する知識を持って顧客へアドバイスなどもします。店舗に関連する事務作業も発生します。オリジナリティやセンスを磨けば、テレビや雑誌で取り上げられるなど、高い知名度を持つアーティストも多くいます。

ネイルアーティストになるには?

国家資格はありませんが、ほとんどのネイリストが日本ネイリスト協会主催の「ネイリスト技能検定試験(1~3級)」を取得しています。数ある道具を使いこなし、時間以内にモデルにあった爪の整形やカラーやチップの作成などのテクニックが要求されるので、専門学校などのスクールで技術を学ぶのが一般的です。 また通信でも人気の科目となっています。

ネイルアーティストになる必要な資格

なし

ネイルアーティストの将来性

女性からの圧倒的支持によって高まったネイルブームは、今や「ネイルをするのは当たり前」といった風潮で定着しつつあります。ネイリストはアルバイトや結婚しても続けやすく、これからも人気の職業といえます。独立したい、テレビや雑誌で活躍したいと望むなら、惜しみない努力やセンスが必要ですが、ネイルが好きで何時間でもやっていられる、という情熱の持ち主ならば夢ではありません!

ネイルアーティストの就職先

ネイルサロン
美容室
フリーランス

ネイルアーティストにはこんな人が向いている?

・コツコツし作業が苦にならない人
・幸せな人を見るのが好きな人
・好きなことには努力を惜しまない人