エステティシャンになるにはまずエステティシャンのことを知ろう!|職業大辞典

エステティシャンとはどんな仕事か

顧客の髪の毛以外の身体全てに対して、マッサージや脱毛などの施術を行い美容を高める職業です。 お客様に対してカウンセリングを行い、希望や悩みの部分をケアし、見た目にわかるまでに効果を出す 美容のプロです。全身に触ることから、人体に対しての深い知識や最新美容機器を扱う技術が必要です。 そして何よりお客様に対してのサービス精神が求められます。 主なエステティシャンの一日は、店舗の清掃・準備に始まってミーティング、日中はずっと接客対応 、その他化粧品やテクニックの勉強会や片付けをして終了です。

エステティシャンになるには?

国家資格はありませんが、ほとんどの人が専門学校などのスクールで専門知識と技術を学んでから エステサロンに就職し、経験を積みます。 同じ体質の人は2人といませんから、数多くの接客をこなす経験値も大切な業界です。 また美を施す立場であることから、自分自身への美容ももちろん求められます。 美容がとにかく好き!という人にはうってつけの職業です。

エステティシャンになる必要な資格

なし

エステティシャンの将来性

古今東西、女性の美への欲求はなくなることがありません。 そしてエステティシャンは立ち仕事で人材不足にも悩まされていることから、就職率も 悪くない業界です。知名度が上がれば、独立して店を持つことも可能です。 そして最近では男性も身だしなみに気を配るようになり、ほぼ女性のみだったエステティシャンにも 男性が登場しています。新しい可能性にも満ちている業界です。

エステティシャンの就職先

エステサロン
美容室
スポーツクラブ
フリーランス

エステティシャンにはこんな人が向いている?

・好きなことには努力を惜しまない人
・人と話すことが好きな人
・幸せな人を見るのが好きな人