ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーになるにはまずビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーのことを知ろう!|職業大辞典

ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーとはどんな仕事か

ビューティカウンセラーは、デパート・化粧品専門店・大型ショッピングストアなどでお客様のお肌の健康状態や年齢にあったスキンケアやメイク方法を提案しながら、化粧品の販売を行います。
少し前までは「美容部員」という呼び方が一般的でしたが、最近では「ビューティーコンサルタント」や「コスメアドバイザー」など各化粧品メーカー独自の呼称があるようです。

ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーになるには?

特別に必要な資格はありませんが、お客さまから様々な質問や要望・相談を受けることになるため、自社ブランドの商品知識はもちろん、スキンケアやメイクアップといった美容に関する知識・技術を取得しておくと仕事の幅が広がります。加えて、接客マナーやコミュニケーションスキルも身に付ける必要があります。各種化粧品取り扱い店で実務経験を積むのが一般的です。

ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーの将来性

大半の女性が経験を積んだ後に店長へとキャリアアップします。中には本社勤務となり、商品開発や広報などへとキャリアチェンジする人もいます。

ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーの就職先

・百貨店
・化粧品会社

ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーの平均年収

平均250万円~300万円

ビューティーカウンセラー・コスメティックアドバイザーにはこんな人が向いている

・美に対する意識が高い人
・人と話すことが好きな人
・幸せな人を見るのが好きな人