フェイシャルエステティシャンになるにはまずフェイシャルエステティシャンのことを知ろう!|職業大辞典

フェイシャルエステティシャンとはどんな仕事か

フェイシャルを専門としたエステティシャンです。専門学校などで技術を習得した後、エステティックサロンや化粧品メーカーなどで実践スキルを積んでいきます。その後フリーや独立開業をして活躍する人が多いです。女性の美に関する関心が最も高い「顔」を担当しますので、非常に細やかな接客技術が必要な仕事です。

フェイシャルエステティシャンになるには?

各種学校で知識を付けたり、エステサロンなどでスキルを磨きながら、協会が実施する統一試験の合格を目指します。認定エステティシャンとして登録されると、ディプロマ(修業したことを証明する書類)とネームタッグが授与されます。日本ではエステティシャンの公的な資格制度が確立していないため、この試験の突破がエステティシャンの知識、技術のレベルを示すひとつの指針となるものです。

フェイシャルエステティシャンの将来性

経験を積み、店長へのキャリアアップを目指します。本社勤務となり商品開発や広報などへとキャリアチェンジする人もいます。

フェイシャルエステティシャンの就職先

・化粧品会社
・美容サロン
・自営業

フェイシャルエステティシャンの平均年収

平均300万円~400万円

フェイシャルエステティシャンにはこんな人が向いている

・美容に興味のある人
・何かを極めたい人
・人と接するのが好きな人