職業大辞典

アニメーター

アニメーションの原画と動画を作る仕事です。以前は動きの一つ一つをセル画に描いていましたが、今はデジタル化が主流です。原画担当が動きの初めと終わりを描き、その間の動きの絵を動画担当が作成します。動画、原画の担当として実績を上げていき、作画監督を目指す人もいます。
地道でハードな作業であることから、海外へその業務をアウトソーシングすることも多くなっていますが、 世界に認められたアニメ人気からまた注目されています。最近ではCGを使う作品が多くなり、コンピュータの知識も必要とされています。

この仕事に就くために

資格は特に必要ありません。多くの人が、専門学校や大学等で美術やコンピュータの知識と実践を学び、アニメ制作会社などに就職したり、アルバイトから入るなどしています。
絵を描く技術はもちろん、動きのセンスや作品を作る情熱、新しいものを生み出すアイディアなどが求められます。

必要な資格

なし

将来性

低い賃金の割にハードな職業、といったイメージが強いアニメーター業界。修行時代は収入が少なくても、諦めず努力する覚悟は必要といえます。経験を積めば、フリーとなって活躍する人も大勢います。
日本のアニメは今や世界的人気であり、その市場は広がり続けています。何よりアニメを愛する気持ちが求められています!

就職先

アニメ制作会社

ゲーム制作会社

フリーランス

その他

こんな人が向いている?

・地道にがんばるタイプの人

・好きなことには努力を惜しまない人

・パソコンや本が大好きな人

この学校の資料請求をする