職業大辞典

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ポスターや商品パッケージなどの平面デザインをする職業です。
近年は手描きではなくパソコンを使用したデザイン制作の機会が多く、マルチメディア関連の知識は必須です。メディアの多様化に伴い、WEBデザインやCMデザインを担う場面も増えてきました。
広告作品はイラストレーターやフォトグラファー、文字デザイナーなどと共同作業の場面も多く、統括するアートディレクターとしての役割も兼任することになります。
そのような場面ではリーダーシップを発揮する必要があり、デザインに関する知識とセンスが信頼につながります。

この仕事に就くために

学校にて印刷技術とパソコンのグラフィック系ソフトの使い方を覚えながら、表現センスを磨きます。 そして広告代理店やデザイン会社にてアシスタントからスタートし、経験を積んで独立することができます。もしくは数人のデザイナーをまとめるアートディレクターになる人もいる。

必要な資格

DTPエキスパート認証試験

CG検定(画像情報技能検定CG部門)

将来性

パソコン技術や印刷技術の進化が早いため、常に新しい技術を身につけ、応えていかなければなりません。印刷はDTP、インターネットはWEBデザインの知識が今後さらに需要が高まっていくでしょう。

就職先

デザイン会社

広告代理店

フリーランス

こんな人が向いている?

・物を作ることが好きな人

・地道にがんばるタイプの人

・協調性がある人

この学校の資料請求をする