職業大辞典

雑貨デザイナー

雑貨デザイナーは、生活雑貨を中心とした日曜雑貨用品を、色や素材や形すべて含めてデザインする職業です。 雑貨をデザインするには商品知識と素材、生産に関する知識経験など、様々な能力が必要となります。 それに加え、幅広いデザインの知識も欠かすことができないでしょう。 また、消費者の流行をいち早くキャッチすることに加え、今後やってくる高齢化社会を意識したユニバーサルデザインなど、雑貨デザインに求められる能力は年々高くなりつつあります。

ユニバーサルデザインって?? 文化・言語・国籍の違い、老若男女の差異、障害・能力を問わずに利用することができる製品設計。

この仕事に就くために

まず専門学校にて雑貨制作やマーケティングを学び、会社に入るのが一般的です。 常日頃から日用雑貨に触れ、素材や形など、消費者の立場に立って考えることがとても重要です。

必要な資格

カラーコーディネーター

将来性

ユニバーサルデザインも増えてきていることもあり、日用雑貨を中心に雑貨デザインの需要が増えてきております。

就職先

雑貨メーカー

デザイン制作会社

こんな人が向いている?

・協調性がある人

・賑やかな雰囲気が好きな人

・物事を分析するのが好き

この学校の資料請求をする