職業大辞典

インテリアデザイナー

空間全体をデザインするのがデザイナー。既成のものをコーディネートしていくコーディネーターだけではなく、全てをデザインするという意味からオフィスやホテル、車や電車内などあらゆる所をデザインします。 クライアントの要望に応えながら、建築技術やセンス、色調、照明までを考えまとめる見識と経験が必要となり、建築以外にも自分のセンスを高めたり流行をキャッチする努力が日々必要です。 自分のデザインしたものが形になる喜びは、何者にも代えがたい喜びとなります。

この仕事に就くために

国家資格などは必要ないが、建築系・インテリア系の大学や専門学校で勉強し、インテリアコーディネーターやインテリアプランナー、建築士など就職に有利な専門の資格を得る人が多くいます。

必要な資格

なし

将来性

家具が安くて手に入りやすい時代、インテリアに対する人気は若者中心に高まっていて、 非常に人気のある職業です。女性向け、一人暮らし向け、と専門的なデザインをする業種も増え、様々な形で重要が高まっているといえます。 また就職先によって違いますが、一般的に少し高いと言われている収入も魅力の一つです。

就職先

インテリアメーカー

住宅建設

内装施工業

百貨店

フリーランス など

こんな人が向いている?

・チャレンジ精神旺盛な人

・物を作ることが好きな人

・言われたことはきちんとやり遂げる人

この学校の資料請求をする