職業大辞典

ダンサー

自らの体のみで表現するダンスを極めるプロダンサー。
活躍の場はアーティストのバックダンサーや舞台、インストラクター、振付師などがあり、バレエ、ヒップホップ、ジャズなど様々なジャンルによって活躍の場も変わってきます。
ダンサーは自らの身体が資本なので、レッスンやトレーニングがいくつになっても欠かせません。振り付けをすぐに覚えたり、求められている演出に対応できるような柔軟さも必要です。

テレビ・ライブでのバックダンサー
ミュージカルや芝居、パレードなどのショーダンサー
ダンスの振り付けを考える振付師
ダンス教室やスポーツクラブのインストラクター などなど。
収入はそれらの出演料となりますが、不定期な仕事が多いため、他の仕事と兼ねている人も多くいます。

この仕事に就くために

アーティストのバックダンサーになりたい場合は、有名バックダンサーが講師をしていたり芸能事務所とつながりがある専門学校に入って腕を磨き、オーディションを受けるのが近道。
また積極的に大会や発表会に出て、周囲に評価されれば、バックダンサーに限らず、様々な仕事のオファーにつながる可能性があります。とにもかくにも、まずはうまい先生を真似て、練習を積み重ねることです。

必要な資格

なし

将来性

最近ダンス番組や有名ダンスチームなどの活躍によって様々な分野から注目されているダンサー。
いつの時代も「かっこよさ」を牽引する存在であることから、これからは更に多方面での活躍が期待されます。

就職先

芸能事務所

ダンス教室

スポーツクラブ

こんな人が向いている?

・好きなことには努力を惜しまない人

・身体を動かすのが好きな人

・プロフェッショナルに憧れる人

この学校の資料請求をする