職業大辞典

スタイリスト

テレビや雑誌などのモデルの衣装やヘアスタイルなど、場面にあったトータルコーディネートをする仕事です。
服と人をより際立たせて見せ、実際の商品の何倍もステキに見せるコーディネートセンスが必要です。メディアにのって、それが流行発信へとつながることが多いので、憧れの的といえる職業。 実際の仕事内容は、イメージに合った服や小物を探し出し、それを買ったり借りたりして手に入れ、 撮影の段階で着せ方や見せ方、商品を汚さない工夫などあらゆる所に気配りして、また商品を返却し、それらを予算内で行うなど、華やかな舞台裏で苦労や不規則な生活を送る、体力がいるハードな職業です。
でも服やオシャレが好きならちっとも苦にならない!そんな人に向いている職業といえるでしょう。

この仕事に就くために

特に学歴や資格は必要なし。多くの人がスタイリスト養成の専門学校や服飾学科を卒業し、プロのスタイリストの助手や服飾業界で働き経験を積んでいます。
自らのセンス以外にも、広い人脈や企画力、提案力、行動力などが求められます。

必要な資格

なし

将来性

人気の職業であることから、職につくのは狭き門と言われていますが、個人利用や男性向けなど、時代と共に常に新しい切り口が求められています。スタイリスト助手の立場は給料も少なく、アルバイトを兼ねている人が多くいますが、独立して仕事が入るようになれば、大きい収入も期待できます。

就職先

雑誌出版社

広告制作会社

スタイリスト事務所

フリーランス

その他

こんな人が向いている?

・服装にこだわりがある人

・古いやり方にしばられない人

・好きなことには努力を惜しまない人

この学校の資料請求をする