職業大辞典

パタンナー

デザイナーがデザインした服のイメージの設計図となるパターンを紙に起こし、サンプルを作成する仕事です。平面のデザインから立体の服に仕立てるのはパタンナーの仕事なので、その技術によって作品の良し悪しは大きく変わります。生地選びやボタン一つに至るまで、パタンナーの知識やセンスが生かされます。洋服作りの最も根幹に関わる仕事なので、物作りの喜びは大きいものがあります。 近年は立体イメージをコンピュータのCADソフトで作るパターンも多くなり、パソコンスキルも求められる職業です。1mm単位の狂いも許されないほどの慎重さが要求され、そのスキルを磨くには長い経験が必要とされます。

この仕事に就くために

国家資格などは特に必要ありません。デザイン画から型紙を起こすパターンメーキングや、CADソフトの操作スキル、立体裁断の技術など様々な専門知識が必要とされるため、大半の人は服飾系専門学校に通い、少しでも早く社会に出て経験を積む人がほとんどです。パターンメーキング技術検定試験などの資格があると就職に有利と言われています。

必要な資格

なし

将来性

パタンナーという職種は普遍的に求められていますが、近年は制作技術がパソコンに移行しているので、新しい技術対応もこれからは必要とされてくるでしょう。センスや感性といったところよりも、どちらかというと技術や知識、正確さといった面が要求される仕事なので、手先が器用だったり作業が正確な人などはぴったりの職業です。

就職先

アパレルメーカー

繊維会社

縫製工場

デザイナーのアトリエ

その他

こんな人が向いている?

・物を作ることが好きな人

・コツコツした作業が苦にならない人

・言われたことはきちんとやり遂げる人

この学校の資料請求をする