職業大辞典

ファッションアドバイザー

百貨店やアパレルの小売店で、服を売る接客販売員。販売員は制服や自社ブランドの服を身に着け、お店にいらしたお客様一人一人に対応し服を売るのが仕事です。ただ服を売ればいいのではなく、素材や 縫製の知識、顧客の好みや用途を聞きだすコミュニケーション能力が必要です。 一般的な一日の仕事の流れとしては、店舗の清掃、日報など売上チェックの事務作業、日中は接客、レジ、包装、ディスプレイ変え、接客ロープレなどを行い、店内の服を整理整頓して、売上を付け、終了です。知識や経験も大切ですが、何より重要なのは笑顔とお客様に尽くす気持ちです。

この仕事に就くために

特に必要な資格はありません。一般的には、服飾の専門を学校で学んだ人がアパレルメーカーに就職し店舗に配属されるパターンが多いですが、笑顔とやる気が一番大切な業界なので、全く異業種から転職してくる人や、アルバイトから入った人も多くいます。販売士やカラーコーディネーターの資格が、就職に有利だと言われています。また販売員は売上高といった目標があるので、数字管理能力も必要とされます。

必要な資格

なし

将来性

服は店で買うものといった時代から、今はインターネットで誰の顔も見ずに買える時代となっています。しかし販売員はただ服を売るのではなく、サービスを持って顧客を感動させたり、 本人では気付かない似合う服の魅力を引き出すことができます。 そういったことが出来るのはやはり人対人だけ。販売員による小売りの売上規模は今も主要なものなので、今後とも人材が必要とされています。店舗で経験と販売実績を積めば、店長やマネージャークラスに昇進し、高給も夢ではありません。

就職先

百貨店

アパレルメーカー

その他

こんな人が向いている?

・初対面でもすぐ友達になれる人

・好奇心のアンテナを持つ人

・服装にこだわりがある人

この学校の資料請求をする