職業大辞典

バッグデザイナー

身近なファッションアイテム・バッグをデザインする仕事。アパレルメーカーに所属するデザイナーは そのブランドやテーマ・予算にそったデザインやコンセプトを作成します。またフリーランスとして、 自分オリジナルデザインのバッグが企業に認められ契約を結ぶ人もいます。バッグにはデザイン性と機能性が必要とされます。一口にバッグといっても、用途別に機能や素材も全く違ってきます。世の中に売れるバッグを生み出すことと、物作りという職人気質のこだわりが必要とされる仕事。仕事としては、デザインを考えたりアイディアを練る時間がほとんど。プロとして予算や時間以内にクライアントの要望以上のものを出すのも大切な仕事です。

この仕事に就くために

国家資格などは特に必要ありません。バッグ作りは設備も専門知識もいることから、ほとんどの人が専門学校や服飾系の学校でバッグ作りの知識を修得し、現場に出ます。レザークラフト技術、素材の知識、オリジナリティなどが要求されます。

必要な資格

なし

将来性

日本の細かく丁寧な縫製技術によって生み出される日本のバッグは世界的に評価が高くなっています。デザイナーというのは大量に必要な人材ではないですから、なれる人は限られてきます。ただデザインするだけでなく、トータルコーディネートや企画までできる人材が求められます。最近は副業しながらインターネットやイベントなどで自作バッグを売る人も増えてきています。

就職先

アパレルメーカー

革製品メーカー

専門商社

デザイン事務所

フリーランス

その他

こんな人が向いている?

・コツコツした作業が苦にならない人

・服装にこだわりがある人

・古いやり方にしばられない人

この学校の資料請求をする