マスコミ・映画

カメラマン

カメラマンといっても様々です。大きく分けるとムービー(映画・映像)とスチール(写真)があります。ムービーは映画制作やCMなどの映像関連のカメラマン。スチールは広告、報道、出版、芸術など多様です。また近年、デジタル化の進化も著しく、撮影後の編集・加工技術も進んでおります。 仕事内容 ムービー(映画・映像) スチール(写真)

この仕事に
就くために
専門学校で光学や構図など専門の勉強をした後、カメラマンに弟子入りしたり、新聞社や出版社などに入り写真を担当したりといった人が多いですが、写真が紙面などにのるようになるには長い修行機関が必要です。それでも写真が好きという強い気持ちが必要です。またネットやイベント、コンペなどに作品を出展し、仕事を紹介されるといったパターンもあります。
将来性
インターネットや携帯電話にて動画配信が普及したこともあり、映画を含める映像業界はとても需要があります。写真もデジタル化と加工技術の進化もあり、広告・出版業界などかなりの需要があります。
就職先
プロダクション
スタジオ
フリーランス
こんな人が
向いている?

・チャレンジ精神旺盛な人

・プロフェッショナルに憧れる人

・物を作ることが好きな人

必要な資格

  • なし

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter