職業大辞典

演出家

演出家は、映画・ドラマ・演劇において、役者の演技指導を行います。映画やドラマでは監督がいるので、監督のイメージに合うように役者に演技指導を行い、作品の質をあげていきます。また、演劇に関しては美術・照明・音響効果など舞台上演に関わる全てのスタッフを監督します。役者の「演技」と舞台装置演出スタッフがつくった「場面や状況設定」を、「舞台稽古」で合わせて、演出家は、演出の指導をして、舞台上演の日に向けて、総仕上げをします。どんなに素晴らしい作品の原作・脚本でも、演出家の腕次第で、面白くもつまらなくもなる責任ある仕事です。

この仕事に就くために

役者やスタッフに演出において適切にイメージを指示をするということが最重要であり、コミュニケーション能力が必要です。また、役者など他業種からも転身が多いので、それぞれ違ったスキルを持った演出家がいるのも特殊です。

必要な資格

なし

将来性

素晴らしい作品には、有能な演出家が必要不可欠。そんな作品をたくさん後世に残すために、今まで以上に演出家の活躍が期待されています。

就職先

テレビ会社

劇団

制作会社

こんな人が向いている?

・人と話すことが好きな人

・広い視野を持てる人

・皆で一丸に取り組むことが好きな人

この学校の資料請求をする