職業大辞典

医療事務

病院での受付や会計、電話応対、会計やデータ管理など事務作業を担当、コンピュータを扱う機会も多い仕事です。
病院の窓口となるため患者さんの不安を和らげてあげる心づかいも大切な仕事です。
普通の事務と違うところは、「レセプト(保険料等請求の書類)」を扱う業務が発生してくるところです。もちろん医学や薬なども知識も必要とされますが、実際に診療するわけではなく、女性が多く働く現場となっています。

この仕事に就くために

カルテの見方や診療報酬点数など、専門知識が必要とされるのでどこかで知識を学ぶ必要があります。
専門学校・通信・独学で学ぶ手段はありますが、なんといっても就職率が断然高いのは専門学校です。
学校のコンピュータを使って実践的な作業が練習でき、病院実習があれば現場を肌で体験することもできます。

必要な資格

診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務技能審査試験2級(メディカルクラーク2級)

2級医療秘書実務能力認定試験

医療事務管理士技能認定試験

※必須ではありませんが、就職に有利に働きます。

将来性

高齢化の日本において医療は国家最優先の事業であり、今後ますます人手が熱望される分野で、将来性は非常に高いといえます。また看護師などの仕事と違い、定時がある業務なので、主婦にも続けやすい職業として長く働ける場所としても人気があります。

就職先

病院

診療所・クリニック

薬局

歯科医院

こんな人が向いている?

・言われたことはきちんとやり遂げる人

・整理整頓が得意な人

・パソコンや本が大好きな人

この学校の資料請求をする