職業大辞典

介護士

体の不自由な方を助け介護する仕事で、年齢や性別を問わない雇用から長期間現場で働くことがでます。仕事内容は食事、入浴、排泄のお世話と、体力と思いやりが必要な仕事です。それに医学や栄養学の知識も必要とされ、そして介護対象者とその家族に対しての精神面のケア・指導も行う専門職です。重要な専門知識が必要なことから国家資格がある仕事となっています。別名「ケアワーカー」「介護福祉士」とも呼ばれています。

この仕事に就くために

国家資格をとるには、2つの方法があります。3年以上の実務経験を積んで、筆記、実技の国家試験を受ける方法か、介護福祉士養成施設(2年ほか)で専門教育を受け、卒業時に国家資格を取得する方法です。この国家資格を持っていないと就職できないというものではありませんが、在宅介護支援センターの職員には必須の資格であり、求人でも資格を持っている人を希望しているケースが多くなっています。

必要な資格

介護福祉士(国家資格)

将来性

高齢化の日本において、介護士の需要は高まるばかり、将来性はもっとも大きい職業ともいえるでしょう。介護福祉は国を挙げての急務ですから、賃金や労働条件もこれからもっと良くなる可能性が大きくなっています。また国家資格であることから全国どこででも働ける仕事ですし、体力は必要ですが年齢に関係なく 働ける現場となっています。

就職先

病院

診療所・クリニック

特別養護老人ホーム

知的障害児施設等

在宅介護支援センター

その他

こんな人が向いている?

・困っている人を放っておけない人

・子供やお年寄りが好きな人

・人と話すことが好きな人

この学校の資料請求をする