コレ進トップ

>

職業大辞典

>

医療・看護

>

診療放射線技師

職業大辞典

医療・看護

診療放射線技師

診療放射線技師とは、病院などで医師の指示を受けレントゲンやCTなど、放射線機器を扱ったり、検査をしたりする医療技術者です。放射線を人体にあてる仕事なので、患者にも自分にも大変な注意が伴う危険な作業です。その最先端の技術によって、大きな治療効果も期待が出来、非常に使命の高い職業です。国家資格が必要です。

この仕事に
就くために
診療放射線技師国家資格はまず、受験資格を得るために高校卒業後法律で定められた養成施設、大学、短大、専門学校を卒業すること。養成施設によって、就業年数は違います。そして国会試験受験合格後、免許を取得し資格が得られます。
将来性
医療の中でも最先端のハイテク機器を扱う部署であり、今後高齢化していくにあたりますます 必要とされ、将来性抜群の職業です。人命を救うカギがそこにあると言っても過言ではない重要な使命のある仕事です。
就職先
病院
診療所・クリニック
保健所
医療機器の研究・開発メーカー
こんな人が
向いている?

・パソコンや本が大好きな人

・辛抱強く、諦めない人

・言われたことはきちんとやり遂げる人

必要な資格

  • 診療放射線技師国家資格

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter