職業大辞典

作業療法士

病気やケガで不自由になった患者さんの身体の回復のためにリハビリ指導を行う専門職です。 人と接することが多く、患者さんと回復の喜びを共有できるやりがいは大きなものです。 理学療法士と同じ仕事も多いですが、精神心理面のリハビリも行うのが作業療法士です。 患者が心身ともに回復し社会復帰するまで支援することが使命なので、 根気・体力・コミュニケーション能力は大切です。

この仕事に就くために

国家資格が必要です。修業年限は3年以上の養成課程のある大学や短大、専門学校等の作業療法士養成施設を卒業すると受験資格が得られます。国家試験合格後、資格を手に入れることが出来、免許証を持って作業療法士として就業できます。

必要な資格

作業療法士国家資格

将来性

少子高齢化の進む現代、作業療法士などの職業は最も社会から人手が必要とされている将来性の最も高い分野です。患者が年をとれば、アルツハイマーなどで精神面ケアも必要となり、作業療法士の需要も高まります。

就職先

病院

診療所(クリニック)

老人保健施設

リハビリ施設

その他訪問活動などあり

こんな人が向いている?

・困っている人を放っておけない人

・人と話すことが好きな人

・面倒見がいい人

この学校の資料請求をする