職業大辞典

看護師

白衣の天使として憧れの職業。医師の診察の手助け、患者さんの世話、手術の助手等をこなします。 患者さんにとって一番身近な存在であるため、人を助け感謝されるやりがいがあり、苦労の分 最も喜びの大きい職業といえます。一般的な仕事内容としては、問診・各種検査・点滴・注射・食事、排泄の介助・血圧、検温測定・入浴補助・ベッドメーキング・記録・巡回・介護指導・訪問介護などがあります。

この仕事に就くために

看護師国家試験が必要。3年課程の看護専門学校か看護短大にて卒業すると、年1回の看護士国家試験の受験資格を得られます。そして看護士には、一般に「正看」といわれる看護士・「准看」といわれる准看護士の2種類があります。「准看」は准看護師養成所で2年間の勉学後、または中学校卒業後高等学校衛生看護科で3年勉学後、卒業後各都道府県知事が行う准看護師試験に合格すれば資格が得られますが、看護士として働いても役職に付けなかったり不利な点が多いので、看護の道を目指すならばほとんど同じ期間勉強するわけですから、正看の方が有利といえます。専門学校は、大学などに対して学費が安いなどの利点があります。

必要な資格

看護師資格

将来性

少子高齢化の現在、人手不足は深刻化。今やどこも人手不足です。就職に関しては安定した需要が見込めるでしょう。最近は男性が活躍する場も広がっています。収入は職場によって違いますが、看護士は給料は高い方と言えます。夜勤や生命を預かる責任のある仕事ですから、それなりのやる気は必要です。

就職先

病院

診療所

保健室

介護施設

製薬企業の研究開発 など

こんな人が向いている?

・困っている人を放っておけない人

・面倒見がいい人

・辛抱強く、諦めない人

この学校の資料請求をする