医療・看護

カウンセラー

カウンセラーとは「カウンセリングをする(助言をする)人」なので、平たくいっても様々な種類があります。通常セラピストと呼ばれる人たちは、精神科医・心理士・ソーシャルワーカー・またメンタルヘルスの分野を学んだプロが名乗っているはずです。(特に規定がなく、誰でもカウンセラーと名乗れてしまうため) ・精神科医 国家資格が必要でありセラピストの中で唯一、薬を出すことのできる「心の病」を医学的に診断する医師です。 ・臨床心理士 「臨床心理士」資格を持つひとのことをいいます。ストレスや悩みで精神的な問題を持つ人に対して、カウンセリングを通し心理療法を行います。 ・ソーシャルワーカー 福祉の分野で、精神上障害を持つ患者とその家族に対してのケアを行う人です。社会福祉士国家資格が必要です。 他にも仕事や家族、学校、人間関係だけでなく環境や子育てなどありとあらゆる分野でカウンセラーは活躍しています。

この仕事に
就くために
精神科医になるには大学医学部か医科大学で医学を6年間学び、医師国家試験に合格して医師免許を持ち資格を得られます。臨床心理士になるには臨床心理士資格認定協会指定の大学院修了後、受験資格を得て、試験に合格すること。社会福祉士国家資格を得るには、福祉系の大学や専門学校などで学び、年1回の国家試験に合格することです。
将来性
カウンセラーは、独立して口コミで広がる場合もあれば、医療機関で職につく場合もあります。ストレス社会と言われている現在、学校に専門カウンセラーが付くなど、様々な分野での活躍が期待されていますが、詐欺まがいのものも多くある業界。しっかりと心理について学び正式な資格を取得し、真摯な態度で患者と向き合うことが必要です。
就職先
病院
診療所
保健所
学校機関
養護施設
介護施設 など
こんな人が
向いている?

・聞き上手な人

・困っている人を放っておけない人

・相談をいつも受けるタイプの人

必要な資格

  • 医師免許

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter