職業大辞典

コンサートスタッフ

華やかなミュージシャンの舞台、コンサート。それを支えるスタッフには、PA(音響スタッフ)、メイク、イベンター、舞台監督、照明、制作などたくさんの職種があります。(イベンターとはクライアントの要望に応え、コンサートのコンセプトからアーティストの手配、予算管理、会場手配、スタッフ管理、宣伝などイベント全てを仕切る仕事です)またイベントという意味ではウェディングなどの世界で活躍する人もいます。大勢の人と大きな一つのイベントを作り上げる仕事なので、達成感もひとしおです!!

この仕事に就くために

専門学校やアルバイトで、なるべく早いうちから現場を体験することが本物への近道です。また色々なコンサートやイベントを見ることも感性を養う上で大切です。言われたことだけをしていたら、人々を感動させるイベントは作れません。常に新しく新鮮な感覚を取り入れることが重要な業界です。

必要な資格

なし

将来性

音楽業界は常に進化を遂げており、アーティストのショーを直に見られるコンサートは衰える様子を見せません。そしてコンサートにはたくさんの人が関わるため、就職の間口も広くなります。 全国を渡ったり、早朝深夜勤務となることもある体力的には過酷な現場ですが、人々に夢を与える大きなやりがいがあります。またベテランになればなるほど経験値が増え、業務にうまく反映できれば長く働ける場所です。

就職先

イベント会社

テレビ局

映像制作会社

広告代理店

レコード会社

フリーランス

こんな人が向いている?

・賑やかな雰囲気が好きな人

・身体を動かすのが好きな人

・皆で一丸に取り組むことが好きな人

この学校の資料請求をする