職業大辞典

音楽プロデューサー

CDやライブ、ドラマや映画など、一つの音楽の企画を統括するのが音楽プロデューサーです。業務内容は多岐に渡り、作詞作曲、演奏、アーティストとのレコーディング、編曲、またスケジュール調整、予算管理など、実に様々なことを行います。優れた音楽感性やトレンド把握、高いセンスなどが必要になります。

この仕事に就くために

レコード会社や音楽に関わる会社に就職し、まずは経験を積むというのが近道と言えるでしょう。それだけではなく、音楽の深い知識や高いセンス、自己プロデュースなどで人を惹きつけるような力があることが必須となってくるでしょう。

必要な資格

なし

将来性

音楽業界は常に進化を遂げているので、音楽プロデューサーという仕事も常に変化する仕事といえます。実力次第ではフリーランスとなり、高収入も夢ではありません。競争力が高く、実力とセンスとチャンスが必要な世界ですので、就職も容易ではないと考えられますが、とにかく業界が好きでアルバイトから入る人も多数います。

就職先

レコード会社

フリーランス

こんな人が向いている?

・自分の意見を言える人

・チャレンジ精神旺盛な人

・好奇心のアンテナを持つ人

この学校の資料請求をする