介護福祉士-職業大辞典

介護福祉士

介護福祉士とは高齢者や体の不自由な方を助け介護し自立した生活を送れるよう支援する仕事で、国家資格を持つ介護の専門家で、別名「ケアワーカー」とも呼ばれています。具体的には入浴、食事、排泄の世話など生活の補助・リハビリ補助、洗たくや買い物などの生活援助などを行います。 また介護者の家族に対してもよい環境を作るために介護の指導を行います。 一般的に「ホームヘルパー」と言われる人たちと仕事内容はさほど変わりませんが、専門的な知識を有する介護福祉士の方が、就職や給与体系にも有利です。介護をしながら心のケアも行い、大変な仕事ですが、人と人とのコミュニケーションや人と社会全体を 支えるという大きなやりがいを得る職業です。

この仕事に就くために

介護福祉士 国家資格が必要。介護福祉士国家資格を取得するには、大学や専門学校などの養成施設に2年通うか、3年以上の実務経験を積んだ上で国家試験を受けるかの2つの方法があります。国家試験の合格率は平均40~50%台となっています。

必要な資格

介護福祉士 国家資格

将来性

高齢化に伴い核家族化も進行している現代において、ニーズがますます高まっている業界です。年齢や性別を問わない雇用から長期間現場で働くことがでます。

就職先

各種老人ホーム

デイケアセンター

在宅介護支援センター

病院

その他

こんな人が向いている?

・子供やお年寄りが好きな人

・面倒見がいい人

・辛抱強く、諦めない人

この学校の資料請求をする