資格大辞典

メイクセラピー検定

民間資格NPO法人日本人材教育協会メイクセラピー検定事務局

メイクセラピー検定は、メイクセラピーの知識と技術に関する検定試験です。
メイクセラピーと聞いて「どんな職業?」と疑問に思いますが、心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法で、化粧療法ともいわれます。単に外見をキレイにするだけでなく、心理カウンセリングによってメンタルサポートすることを目的としています。
検定試験は、心理面のアプローチに必要な「メイクセラピー的心理学」「コミュニケーション」「化粧心理学」、メイクアップに必要な「メイク理論」「色彩学」等の分野から出題され、メイクセラピーの概念をトータルに習得できる内容となっています。
1級、2級、3級があり2級までは受験資格に制限がなく、どなたでも受験可能です。

メイクセラピー検定の将来性

メイクセラピー検定は、美容業界、医療福祉業界、学生等を中心に、受験者数は年々増加しています。近年、心理カウンセリングへの関心が高まっていることもあり、その手法を取り入れたメイクセラピー(化粧療法)も今後ますますニーズの高まりが予想されています。

メイクセラピー検定の難易度

メイクセラピー検定の合格率
3級 約90%
2級 約50%
1級 約20%

この学校の資料請求をする