資格大辞典

漫画能力検定

民間資格日本漫画能力検定協会

漫画能力検定とは、マンガが好きで趣味で描いているひとや、プロを目指す人たちの描画力と創造力をプロが客観的に評価をする検定です。プロによる評価を受けることで、漫画を描く自信となるので、漫画家やアニメ―ターを目指す人に向いている検定です。漫画能力検定は「漫画キャラクター検定1~4級」「漫画ストーリー検定1~3級」「漫画技法検定1~3級」「漫画家アシスタント検定1~3級」「似顔絵検定1~4級」に分かれており、指定された条件・課題あるいはテーマのもとで漫画やイラストを描きます。例えば漫画キャラクター検定の4級では、「指定された設定のキャラクターで、指示された表情をバストアップで描く。ペン入れは行わない。」といった問題内容が出ます。学歴等に関係なく誰でも受験できます。

漫画能力検定の将来性

子供から大人まで、そして日本だけでなく世界でも日本の漫画の人気は広がっています。漫画能力検定を取得して必ずプロになれるというわけではありませんが、実際のプロによる評価を受けることで、自信をつけ更に技術や感性に磨きをかけることができます。

漫画能力検定の難易度

漫画能力検定の合格率等は不明。

漫画能力検定取得で目指せる職業

この学校の資料請求をする