コレ進トップ

>

資格大辞典

>

建築・工学

>

照明コンサルタント

資格大辞典

建築・工学

照明コンサルタント

民間資格

社団法人照明学会

照明コンサルタントとは、照明のプロとして顧客の要望に合わせて店舗や住宅などの役に立つ照明計画を立てたりする知識・技術・技能を測る検定です。通信教育のみの取得が可能で、比較的受けやすい資格となっています。照明は今多様化しており、また部屋の雰囲気や演出を大きく変えることができることから、今は個人住宅だけでなく、商業施設などでも活躍の機会があり資格の価値も高まっています。その関連性から、建築やインテリア系の資格と合わせて取得する人が多い資格です。試験内容は(社)照明学会の通信教育を受講し、レポートを6回提出し各60点以上取得し、スクーリングが完了すると認定証が授与されます。資格の有効期間は5年ごとに更新が必要です。学歴等に関係なく誰でも受験できます。

照明コンサルタントの将来性

照明コンサルタントは、多様化する照明知識を身に付け、個々の適性にあった照明プランを作る職業で、様々な面で需要があります。照明だけでなく、その空間自体の演出・関連があることから、建築・インテリア・色・配線などの知識も必要となります。また顧客に提案する仕事ですから、プレゼン能力やコミュニケーション能力も必要となります。資格を取ることは照明コンサルタントになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。照明メーカーやインテリア事務所などで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍することも可能です。

照明コンサルタントの難易度

照明コンサルタントは、多様化する照明知識を身に付け、個々の適性にあった照明プランを作る職業で、様々な面で需要があります。照明だけでなく、その空間自体の演出・関連があることから、建築・インテリア・色・配線などの知識も必要となります。また顧客に提案する仕事ですから、プレゼン能力やコミュニケーション能力も必要となります。資格を取ることは照明コンサルタントになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。照明メーカーやインテリア事務所などで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍することも可能です。

照明コンサルタント取得で目指せる職業

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter