資格大辞典

エクステリアプランナー

民間資格社団法人日本建築ブロック・エクステリア工事業協会

エクステリアプランナーとは、顧客の要望を実現すべき、家の外側全体(外壁・庭園・門・扉・物置・カーポート・フェンスなど)の設計を行う知識・技術・技能を測る検定です。インテリアコーディネーターが内側なら、外側のデザインをするのがエクステリアプランナーです。建築知識だけでなく、造園知識や自治体の景観条例など、顧客の生活プランと共にまちなみとの調和も保ち、豊かな住生活環境を実現する職業です。1級と2級があり、試験内容は2級がプランや工程管理の学科試験と設計基礎知識の実技試験、1級はプランや工程管理の学科試験と設計図作成の実技試験となります。受験資格は2級はなし、1級が規定資格の取得と関連業界の3年以上の実務経験が必要です。資格の有効期間は5年ごとに更新が必要です。

エクステリアプランナーの将来性

エクステリアプランナーは、住居の外側全体(エクステリア)の設計や工事監修に精通したプロフェッショナルです。現代、環境が重視され各自治体でも緑化計画が進み、庭や外壁や屋上などで様々な試みが求められており、個人住居だけでなく商業施設などでも需要が進んでいる職業です。またガーデニングブームなどで、庭作業などがより身近になり、個々のセンスが求められ注目を集めています。資格を取ることはエクステリアプランナーになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。1級を取得するには実務経験が必要とされるので、建築業界・庭園工事業界などで経験を積み、実力を伸ばしていきます。

エクステリアプランナーの難易度

エクステリアプランナーの合格率等は1級50%、2級73%

エクステリアプランナー取得で目指せる職業

この学校の資料請求をする