コレ進トップ

>

資格大辞典

>

建築・工学

>

キッチンスペシャリスト

資格大辞典

建築・工学

キッチンスペシャリスト

民間資格

社団法人インテリア産業協会

キッチンスペシャリストとは、機能的で使いやすいキッチンの空間構成のため設計・インテリアなどを行う職業です。顧客も女性が多いため、女性の感性などが生きる職業で、圧倒的に女性の受験者が多い資格です。家の一部としてのデザイン性や給水・換気・電気設備や配線、収納や建築構造・防災対策などの知識とセンスが必要とされます。試験内容は住居やキッチン機能・設計に関する学科とキッチン提案の平面・立体図などの作成の実技試験があります。資格の有効期間は5年ごとに更新が必要です。学歴等に関係なく誰でも受験できます。

キッチンスペシャリストの将来性

キッチンスペシャリストは、毎日使うキッチンをより快適にするために顧客の要望を叶えながらアドバイスし、理想のキッチンをデザインする職業です。現代においてキッチンは主婦だけのものではなく、リビングと一体になっていたりカウンターがついたりと、住居の一部としてデザイン性なども求められており、キッチンスペシャリストの活躍の幅は広がっています。また顧客に提案する仕事ですから、プレゼン能力やコミュニケーション能力も必要となります。資格を取ることはキッチンスペシャリストになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。住宅メーカーなどで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍することも可能です。

キッチンスペシャリストの難易度

キッチンスペシャリストは、毎日使うキッチンをより快適にするために顧客の要望を叶えながらアドバイスし、理想のキッチンをデザインする職業です。現代においてキッチンは主婦だけのものではなく、リビングと一体になっていたりカウンターがついたりと、住居の一部としてデザイン性なども求められており、キッチンスペシャリストの活躍の幅は広がっています。また顧客に提案する仕事ですから、プレゼン能力やコミュニケーション能力も必要となります。資格を取ることはキッチンスペシャリストになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。住宅メーカーなどで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍することも可能です。

キッチンスペシャリスト取得で目指せる職業

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter