コレ進トップ

>

資格大辞典

>

デザイン・写真

>

DTPエキスパート認定試験

資格大辞典

デザイン・写真

DTPエキスパート認定試験

民間資格

日本印刷技術協会(JAGAT)

DTPエキスパート認定試験とは、キレイで見やすい印刷物を作るために必要な製版・コンピュータ・印刷工程の知識と技術を測るものです。DTP(DeskTop Publishingデスクトップ・プリプレス)とは、パソコン上で出版物のデザインを行うことができるソフトで、近年印刷への入稿もほとんどがデータ化されています。印刷・出版業界では必須のスキルとなります。試験では筆記試験と実際にソフトを使ってレイアウトや設計を指示された内容通りに制作する課題制作があります。1回の試験で筆記と課題の両方を80点以上取得することで合格となります。学歴等に関係なく誰でも受験でき、どの級からでも受験可能です。

DTPエキスパート認定試験の将来性

DTP(DeskTop Publishingデスクトップ・プリプレス)は文字の入力、紙面作り、データ出力、印刷のために現在出版・印刷業界には欠かせないスキルとなっています。編集や広告を作りたい人には就職・転職に有利な資格で、実務経験を積めば様々な業界で活躍したり、デザイナーとしてフリーで活躍することも可能です。

DTPエキスパート認定試験の難易度

DTP(DeskTop Publishingデスクトップ・プリプレス)は文字の入力、紙面作り、データ出力、印刷のために現在出版・印刷業界には欠かせないスキルとなっています。編集や広告を作りたい人には就職・転職に有利な資格で、実務経験を積めば様々な業界で活躍したり、デザイナーとしてフリーで活躍することも可能です。

DTPエキスパート認定試験取得で目指せる職業

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter