コレ進トップ

>

資格大辞典

>

デザイン・写真

>

POP広告クリエイター技能審査試験

資格大辞典

デザイン・写真

POP広告クリエイター技能審査試験

公的資格

公開経営指導協会

POP広告クリエイター技能審査試験とは、キレイで見やすく消費者の購買意欲に訴えかけるPOPを作成する技術と知識を測るものです。POP(ポップまたはピーオーピー)とは、紙に商品名や価格・キャッチコピーを手描きしたもので、単純ながらPOP一つの個性が店全体の雰囲気を作り商品の売り上げも左右する力を持つ、大きな広告媒体です。スーパーやCD・雑貨・薬品の小売業には役立つスキルです。1~3級があり、試験では販売促進や広告知識などの学科と、レタリングやカードの作成を行う実技があります。100点満点中ともに60点以上で合格となります。学歴等に関係なく誰でも受験できます。

POP広告クリエイター技能審査試験の将来性

POP(ポップまたはピーオーピー)は簡単に作成でき消費者に訴えることができる非常に重要な広告ツールで、今やあらゆる小売店に導入されています。POPの制作にはセンスやレタリング技術はもちろん、消費者の心をつかむマーケティング能力も必要とされます。販売員・広告デザイン・販売促進業務などに有利な資格で、実務経験を積めば在宅勤務やフリーのPOPクリエーターとして活躍することも可能です。

POP広告クリエイター技能審査試験の難易度

POP(ポップまたはピーオーピー)は簡単に作成でき消費者に訴えることができる非常に重要な広告ツールで、今やあらゆる小売店に導入されています。POPの制作にはセンスやレタリング技術はもちろん、消費者の心をつかむマーケティング能力も必要とされます。販売員・広告デザイン・販売促進業務などに有利な資格で、実務経験を積めば在宅勤務やフリーのPOPクリエーターとして活躍することも可能です。

POP広告クリエイター技能審査試験取得で目指せる職業

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter