資格大辞典

インテリアコーディネーター

民間資格インテリア産業協会

インテリアコーディネーターとは、顧客の要望に合わせて快適な住空間を作るために様々なインテリアのアドバイスを行う職業で、トータルコーディネートの能力を認定する資格です。インテリアコーディネーターには家具・照明・建築設備などの幅広い知識や、時代や環境に合わせたデザインやレイアウトを組むことができる技術も必要とされています。女性に人気のある資格で、テレビや雑誌でもインテリアの人気は高く、ハウスメーカーなど住宅業界でもインテリアコーディネーターの需要は高まっています。試験はまずインテリアの知識を測る筆記の1次試験があり、それに合格すると論文とインテリアの基本コンセプトを説明するプレゼンテーション試験の2次を受験し合格すると取得となります。学歴等に関係なく誰でも受験できます。

インテリアコーディネーターの将来性

情報が多様化し住宅にも個性やインテリアも個性を重視し、楽しみたいといった消費者も増えインテリアコーディネーターの需要は高まっています。また店舗の内装デザインや高齢化住宅などの需要も増え、建築知識や最新トレンド・技術を習得しクライアントの要望を叶える能力が求められています。資格を取ることはインテリアコーディネーターになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。住宅関連企業やインテリア商品メーカーなどで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍することも可能です。

インテリアコーディネーターの難易度

インテリアコーディネーターの合格率は21.9% (平成20年)

インテリアコーディネーター取得で目指せる職業

この学校の資料請求をする