資格大辞典

インテリアプランナー

民間資格財団法人建築技術教育普及センター

インテリアプランナーとは、顧客の要望に合わせて快適な住空間を作るために企画・設計・工事監修を行うインテリアの専門家です。インテリアコーディネーターより高い設計技術が必要とされ、図面を引き顧客や施工業者に自ら設計の説明を行います。個人住宅だけでなく、オフィスや病院・デパートや家具・家電メーカーなど公共施設でも必須の職業になりつつあり、あらゆるインテリアに関わります。試験は「学科試験」と「設計製図試験」があり、両方に合格のち規定の実務経験を積み登録資格を得た人が登録し、そこで「インテリアプランナー」の称号が与えられます。登録の有効期限は5年で、その後の更新には講習が必要です。受験資格は受験年の4月1日時、満20歳以上の方です。

インテリアプランナーの将来性

インテリアプランナーは、施工管理まで出来る能力が求められるため、あらゆる建築物において必要とされる職業です。クライアントの要望を聞いたり、建築現場に出て施工業者と話したり、建築能力だけでなく、高いコミュニケーション能力も必要とされる仕事です。現役で活躍しているインテリアプランナーは男性が多くなっています。資格を取ることはインテリアプランナーになる第一歩で、就職や転職の際有利となります。住宅メーカーや設計事務所などで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍し高収入を得ることも可能です。

インテリアプランナーの難易度

インテリアプランナーの合格率は平成21年度 合格率:24.7%

インテリアコープランナー取得で目指せる職業

この学校の資料請求をする