資格大辞典

インテリア設計士

民間資格日本インテリア設計士協会

インテリア設計士とは、顧客の要望に合わせて住みやすく、快適でインテリアに関する設計や施工管理などの知識・技術・技能を測る検定です。インテリアには様々な資格がありインテリア設計士はインテリアコーディネーターと違って設計の知識も必要とされますが、インテリアプランナーより簡単なレベルで取得が可能です。
個人住宅だけでなく、オフィスや病院・デパートや家具・家電メーカーなど公共施設でも活躍でき、資格の価値も高まっています。1級と2級があり、試験内容は2級がデザイン計画や技術の学科試験と設計の実技、1級はインテリア論文、設計の実技となっています。受験資格は2級が実務経験、1級が学歴と実務経験の両方が必要となります。

インテリア設計士の将来性

インテリア設計士は、インテリアで個性を重視し、楽しみたいといった消費者も増えた現代、必要とされる場面の多い資格となっています。建築だけでなく、家具やテーブルウエアや光や音や香りなど様々なセンスも必要とされ、図面や模型を作ってクライアントに快適な住空間を提案します。女性が多く取得している資格です。資格を取ることはインテリア設計士になる第一歩で、就職や転職の際有利となります。住宅関連企業やインテリア商品メーカーなどで様々な現場を経験を積み、フリーランスで活躍することも可能です。

インテリア設計士の難易度

インテリア設計士の合格率は合格率 80~81.0%(2級)

インテリア設計士取得で目指せる職業

この学校の資料請求をする