ファッション・服飾

販売士

公的資格

日本商工会議所

「小売・流通業界で唯一の公的資格」である販売士は、小売・流通業のみならず、卸売業や製造業、サービス業において販売業務に携わる人にとって幅広い知識を修得するために役立つ資格です。 特に小売業・販売業・流通業に従事する人は、試験を通じて得た知識を活用しやすいでしょう。 試験は1級・2級・3級があり、受験者は小売業従事者・学生が多いです。 1級はマーケティングの知識、2級は販売の基礎知識が習得でき、販売士としてのキャリアアップにつながります。

販売士の将来性

販売士の資格を取得することで接客に関する基礎知識 、取扱商品に関する専門知識 、売場や店舗を管理する能力 、経済の動き全体からみた店舗経営が身につき実務に効果的に落とすことができます。 資格手当が出ないことも多く、販売士3級だけでは社内の評価もそれほど高くないこともありますが、ステップアップとして2級・1級を取得することで業務の幅が広がります。

販売士の難易度

販売士の資格を取得することで接客に関する基礎知識 、取扱商品に関する専門知識 、売場や店舗を管理する能力 、経済の動き全体からみた店舗経営が身につき実務に効果的に落とすことができます。 資格手当が出ないことも多く、販売士3級だけでは社内の評価もそれほど高くないこともありますが、ステップアップとして2級・1級を取得することで業務の幅が広がります。

販売士取得で目指せる職業

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter