資格大辞典

サウンドレコーディング技術認定試験

民間資格社団法人 日本音楽スタジオ協会(JAPRS)

サウンドレコーディング技術認定試験は、レコーディングエンジニア・マスタリングエンジニア・Pro Toolsオペレーターなどプロのレコーディングエンジニアとして働くための「音楽的な要素」と「機器操作・技術」をバランスよく修得した照明となります。
サウンドレコーディング技術認定試験で出題される内容は、全てレコーディング現場で必要とされるもの。
レコーディングエンジニアは、ただの技術者としてではなく、ミュージシャン・アーティストと密にコミュニケーションを取りながらバンドメンバーの一員のように音楽制作に取り組むので、サウンドレコーディング技術認定試験により認定されたスキルは、音楽制作において大いに生かすことができます。

サウンドレコーディング技術認定試験の将来性

サウンドレコーディング技術認定試験の資格を取得することで、レコーディングエンジニア・マスタリングエンジニア・Pro Toolsオペレーターなどプロのレコーディングエンジニアとして働くことができます。
また、ミュージシャンや音楽プロデューサーを目指す人にとってもサウンドレコーディング技術を学ぶことは音楽・音響に対する深い知識を得られる大切な技術です。

サウンドレコーディング技術認定試験の難易度

サウンドレコーディング技術認定試験の合格率は未発表。

この学校の資料請求をする