総合芸術科(3年・60名) アクターズコース

  • 総合芸術科(3年・60名) アクターズコース
  • 文化学院は、個々の「感性」を磨くことを教育理念にしています。「自己表現」とは、心で感じ取り、頭で考え、体を使って形にする事です。例えば、パン屋さんを主役にした作品があるとしましょう。台本を渡され、その通り演じるだけで人を感動させれるでしょうか?パン屋さんを演じる為には、「何故、主人公がパン屋さんになったのか?」から理解しなければなりません。主人公を理解しようとしていくうちに、疑問から共感という感情が生まれてきます。

    その共感することこそが「感性」なのです。共感が出来た時、台本という活字の中にしか存在しない人物に、演じ手が命を吹き込む事ができるのです。また、本コースの講師陣は、いずれも各分野の最前線で活躍するトッププロばかり。「自己表現」のあり方を、手取り足取り教えます。その密接な交流を通して、社会に出ても通用する「人間形成」をめざします。
他のコース

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter