東京製菓学校の学科紹介

  • 洋菓子専科 (夜間部/2年制)
  • 洋菓子専科 (夜間部/2年制)
    ◆限られた時間の中で徹底的につくることをくり返す。実習の比率を高め即戦力を身につける。

    【カリキュラム】
    2年間の授業の中で、実習時間の比率を全授業時間の90%にまで高め、基礎から応用までの技術をしっかり身につけられるよう丁寧に指導していきます。単に製品をつくるだけではなく、どうしたらこうなるのか、なぜそうしなければならないのかといった疑問に対し裏付けとなる理論も学び、講義で学んだ理論を実習でつくりながら確認することで実力を定着させていきます。1年次はどんな洋菓子にも欠かせない基本技術や生地づくりを中心に、2年次には1年次に修得した基本技術を応用、発展させ、現場を想定した実践的かつハイレベルな実習を展開していきます。

    【独自の学習システム】
    ・創造力を高める「アメ細工」
    大胆な創造性や繊細な技術力、豊かな感性が求められる「アメ細工」。形をつくる作業はもちろん、アメの煮方をはじめ、製法からしっかりと学び、1ヶ月もの時間をかけて、じっくりとコツや技術を身につけることで、プロとして必要な創造力を高めていきます。

    ・本格的な「ショコラ」実習
    「ショコラ」実習では、センターに使用するマッスプラリネからマジパン、デコレーションに至るまで、ハイレベルなチョコレートづくりをトータルに修得します。スイスやフランスをはじめとする、ヨーロッパで広く親しまれているものをメインに、1ヶ月間しっかりと真の技術の修得に取り組みます。

    ・トップレベルを間近で感じる「実技講習」
    本校では、伝統校ならではの業界との太いパイプを活かし、国内トップクラスのパティシエや、著名なコンテストや世界大会での受賞者、本場フランスからの客員教師など、現場の第一線で活躍されているパティシエを招き、最新の洋菓子や伝統的なフランス菓子、芸術的なピエス・モンテなどを学ぶ「実技講習」を展開しています。

    【在学中のアルバイト紹介制度「アシステム」】
    就職課スタッフが要望をうかがったうえで洋菓子業界のアルバイト先を紹介しています。在学中に現場を経験できるのも、夜間部の大きなメリットです。

    卒業後の主な進路

    ・パティシエ

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter