東京製菓学校の在校生からメッセージ

広い視野を持ってどんなことにもチャレンジしていきたい。

  • 広い視野を持ってどんなことにもチャレンジしていきたい。
    宮脇 優佳 さん
    昼間部
    洋菓子本科1年

    進学校に通っていたこともあり大学に進学する予定でしたが、人生の岐路に立った時、自分がなりたいのはやはりパティシエだと改めて強く思い、東京製菓学校への入学を決めました。先生の高い技術を見て、それを越えられるものをめざして仲間と切磋琢磨する毎日。学校で過ごす時間はとても楽しく、充実しています。

存分に学べる環境に魅力を感じて入学を決めました。

  • 存分に学べる環境に魅力を感じて入学を決めました。
    小林 旺広 さん
    昼間部
    洋菓子本科1年

    明るく元気なクラスメイトは、互いの技術の良い点、悪い点を指摘しあいながら切磋琢磨できる貴重な存在です。授業では技術だけでなく、話し方や依頼の仕方、相手のやる気を引き出す方法など、生きていく上で大切なことを多く教わり、人として大きく成長することができました。何事も100%の力を出し切って、日々頑張っています。

今しかないという思いで入学を決意してよかったです。

  • 今しかないという思いで入学を決意してよかったです。
    重泉 聡子 さん
    夜間部
    洋菓子専科2年

    小学校事務の嘱託職員として働いていましたが、長く働くために手に職をつけたい、やるなら今しかないという思いで、この業界に進みました。お菓子づくりを通して出会った友達は、何よりの宝です。

いろいろな経験を糧にキャリアアップを目指します。

  • いろいろな経験を糧にキャリアアップを目指します。
    小室 苗子 さん
    夜間部
    洋菓子専科2年

    入学して先生のレベルの高さに驚きました。技術はもちろん、現場での経験談はとても勉強になります。好きだからこそ、パティスリーでのアルバイトも学校も、前向きに取り組め、やりがいも感じています。

好きな和菓子を仕事にしたい。

  • 好きな和菓子を仕事にしたい。
    林 優太朗 さん
    昼間部
    和菓子本科1年

    高校が進学校だったためほとんどの人が大学進学を希望していましたが、四季折々の日本の風景を表現できる和菓子の魅力に強く惹かれ、職人を目指そうと決意しました。将来は自分の店を構え、東京製菓学校で出会った先生方や先輩、同級生との、国境をも超えたつながりを活かしていきたいと考えています。

体に優しい和菓子をつくれるようになりたい。

  • 体に優しい和菓子をつくれるようになりたい。
    木戸 祥緒里 さん
    昼間部
    和菓子本科1年

    料理専門学校で世界各国の料理を学ぶうち、日本料理の魅力に気づき、和菓子本科へと進みました。入学の決め手は、学校の雰囲気と自家製餡などの素材へのこだわり。将来は、在学中に学んだ材料に関する知識を活かし、動物性食品や小麦粉、食品添加物などを使わない和菓子をつくりたいと考えています。

「なぜそうなるのか」がわかる授業です。

  • 「なぜそうなるのか」がわかる授業です。
    花田 真 さん
    夜間部
    和菓子専科2年

    ハイレベルな教師陣が魅力です。雑誌などメディアで紹介されることも多く、つくり方から一歩進んだ「なぜそうなるのか」まで教えていただけています。修業時代の話や作品を出品した際の話などとても参考になります。

働きながら夜間でも技術を身につけられます。

  • 働きながら夜間でも技術を身につけられます。
    中島 綾子 さん
    夜間部
    和菓子専科2年

    結婚を機に一生続けられる好きなことを仕事にしたいと考え、茶道を通じ和菓子に興味を持つようになりました。授業中はチームで実習を行い、空き時間には1人で自主練習。弱点が明確になり、一層成長できます。

実習はいつも興味深いことばかりです。

  • 実習はいつも興味深いことばかりです。
    早川 知恵 さん
    昼間部
    パン本科1年

    数多くの実習を通して最も心に残ったのは「パン生地と会話しなさい」という先生の言葉でした。同じ種類のパンでも、その日の気温や湿度によって生地の状態はいつも変わります。生地の見た目や手触りを確かめながら進める実習は、まさにパン生地との会話。いかなる状況でも美味しいパンを焼き上げられるのがプロなのだと実感しました。

小麦栽培の経験も将来に活かしていきたい。

  • 小麦栽培の経験も将来に活かしていきたい。
    長谷川 紗理奈 さん
    昼間部
    パン本科1年

    東京製菓学校では、農家の方の協力を得て、種蒔きから収穫まで一連の農作業に携われる小麦栽培の授業があります。品種改良によって日々進化している小麦について、実体験に基づいた知識を得ることができる貴重な機会です。将来自分の店を開く際には、在学中に得た小麦の知識を応用して、他店との差別化を図りたいと考えています。

大学とのダブルスクールで人としても成長できた。

  • 大学とのダブルスクールで人としても成長できた。
    入江 清永 さん
    夜間部
    パン専科2年

    大学とのダブルスクールは正直大変ですが、時間を無駄にせずとてもうまく両立できていると思います。パンのことはもちろんですが、協調性や自発性など、人間的にもたくさんのことを学ぶことができました。

授業はもちろん就職支援も充実しています。

  • 授業はもちろん就職支援も充実しています。
    桑村 真利奈 さん
    夜間部
    パン専科2年

    週6日アルバイトとの両立のコツは、心身の健康を第一に考えること。就職課の方にアドバイスをいただいたり、OB・OGの方の話をうかがえる機会もあり、自信を持って夢に挑戦することができました。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter