エスモード ジャポンの在校生からメッセージ

未経験でも3年間でプロとしての技術力が身に付く学校

  • 岡村 陽織さん
    岡村 陽織さん
    ファッションクリエイティブ学部 総合学科

    エスモードに入学した当初は、ミシンの針の通し方や糸の通し方もわからず、服飾の専門の高校から入ってきた学生も多い中で、周りとの差がある状態でした。
    それでも先生が生徒一人一人に目を行き届かせてくださり、その日の課題をその日のうちに終わらせることを徹底したことで、二年間で自分が考えるデザインを形にするところまでできるようになりました。
    パターン技術もデザインも、日々実践を積み重ねなければ上手くならないので、わからないことはすぐに質問できる環境は、とても恵まれていると思います。また海外で活躍なさっている先生や留学生も多く、自然と国際感覚を身につけることができるようになりました。プロとして自立するためにイノベイティヴで実践的な産学協同カリキュラムが組まれており、プロとしてデザイナー、パタンナーのどちらにでもなれる技術力の高さは、エスモードの強みです。
    今年度は3年生になるので、コンセプトとオリジナリティーを表現するためのテクニックを身につけ、卒業コレクションでその世界観を発表したいと思います。

ファッションの仕事をしたい自分にとって最高の環境

  • コールジョージさん
    コールジョージさん
    インターナショナルクリエイティブ学科 2年

    ◆日本で学ぼうと思ったきっかけは?
    イギリスにいた時から、日本の有名なファッションデザイナーに興味を持っていたので、いつか日本に行きたいと思っていました。
    日本に来てから、特に好きなエトセンスというブランドのデザイナー橋本唯さんがエスモード出身と知り、迷わず入学を決めました。

    ◆エスモードで何を学び、何が活かされていますか?
    エスモードでのファッションに対する考え方、素材の選び方、デザインの手法、パターンメイキング等すべてに関して、世界一の環境だと思っています。少人数制なので、先生とのコミュニケーションの時間が多く、直接会話することで問題解決が早くできるので、とてもためになっています。
    時間が足りなく大変な事もありますが、将来ファッションの仕事をしたいと決めているので、いかに効率的にデザインに集中できるかを考えながら日々作業に取り組んでいます。

    ◆これからエスモードを目指す方へメッセージをください。
    ファッションを仕事にしたくて、自分のブランドを立ち上げたいと思っている人は、将来のビジョンをしっかり持ってさえいれば、エスモードでの経験は必ず役に立つと思います。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter