阪奈中央リハビリテーション専門学校の学科紹介

  • 理学療法学科
  • 阪奈中央リハビリテーション専門学校の理学療法学科
    ◆修業年限:昼間部3年制
    ◆定員:男女40名
    ◆初年度学費:1,500,000円

    【リハビリテーションの専門家】

    ☆平成25年度も国家試験フォローアップ制度を利用の卒業生は全員合格(100%達成)しました!また、卒業生全員が有資格者となりました!☆

    身体に障害をもつ人の基本的動作能力の回復を図ることを主な目的として、主にその基礎的な運動能力(座る、立つ、歩く、など)の回復を中心に指導・訓練することで、医師の指示のもとに、他の医療スタッフと協同で治療計画をたて、計画に沿って理学療法を行っていきます。
    理学療法には、機能訓練・治療体操などの運動を行わせる運動療法や、水を利用した水治療法、温熱・寒冷療法、低周波・超短波・赤外線・紫外線を利用した電気・光線療法などの物理療法等があります。

    自分が治療することで、今まで動かなかった患者さまの『手』や『足』などが徐々に回復し、患者さまから笑顔を取り戻すことができるやりがいのあるお仕事です。

    ★理学療法士になるためには?
    高校卒業後、理学療法養成課程のある専門学校(3年制・4年制)、短期大学(3年制)、大学(4年制)を卒業して国家試験に合格する必要があります。
    いずれの学校を卒業しても、同じ国家試験受験資格を取得することができます。

    1日も早く患者様と接したい!
    臨床の現場にたちたい!
    また、経済的な負担を軽減したい!
    と思われる方は、3年制を選択されるのがよいでしょう。

    卒業後の主な進路

    ・介護士 ・理学療法士 ・養護教諭 ・講師 ・介護職員

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter