専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジの学科コースの一覧

  • ジュエリープロダクトコース【2年制】

    ジュエリープロダクトコース【2年制】
    即戦力を目指す。
    自己満足にとどまらない“商品”としてのモノづくりに必要な技術や知識を中心に学び、卒業後、即戦力として活躍できるクリエーターを育成します。
    業界で求められるのは、商品企画から販売までの流れをトータルで理解した上で、デザイナー、クラフトマン、コーディネーターなど各職種に特化した深い技能を備えた人材。
    企業とのコラボレーションや学外販売会を通して、量産の仕組みやビジネス感覚も養います。

    【選べる3専攻】
    ジュエリーデザイナー専攻
    ジュエリーメーカー専攻
    ファッションコーディネーター専攻
  • ジュエリークリエーターコース【3年制】

    ジュエリークリエーターコース【3年制】
    専門分野を追求する

    宝石がふんだんに散りばめられたキラキラジュエリーやクールで独特の世界観を演出するシルバーアクセサリーなど、ひと口にジュエリーといってもその種類はさまざま。
    このコースでは金属加工や石留めなど、つくりたいジュエリーを表現するために必要な技術に特化して学びます。
    また、作品を外部に発信しコミュニケーションツールとしてのジュエリーの可能性も探ります。

    【選べる3専攻】
    ハイジュエリー専攻
    シルバーアクセサリー&クラフト専攻
    ファッションアートアクセサリー専攻
  • アドバンスドジュエリーコース【4年制】

    アドバンスドジュエリーコース【4年制】
    究極の手技を学ぶヒコの最高学府

    幻の技法と呼ばれるフィリグリー(細線細工)やグラニュレーション(粒金)、カメオやエングレービングといった彫りの技法、ジュエリーを華麗に演出する高度な七宝や象嵌など、学生として到達し得る最高の手の技を4年間かけて修得。
    コース修了者には、大学院編入の資格となる「高度専門士」の称号が授与されます。
    19世紀末にヨーロッパを席巻した東洋文化の衝撃を、ジュエリーというアイテムを通じ、今度はあなたが発信してください。
  • シューメーカーコース

    シューメーカーコース
    2年間でシューメーカーに必要な基礎知識、技術を体系的に学ぶさまざまな靴のデザイン・制作技術を中心に、マテリアル(素材学) 、フット(足学) 、ラスト(木型)、マーケティングなど、シュークリエーションに必要な基礎知識を体系的に学んでいきます。
    トラディショナルシューズ、ファッションシューズ、スニーカーなど、特性の異なる靴それぞれについての見識を深めると同時に、それらの境界に捉われない広い視野をもったシューメーカーを目指します。
  • シューメーカーマスターコース

    シューメーカーマスターコース
    多彩なコラボレーション授業で、個々のクリエーションを追求する

    シューメーカーコース(2年制)のカリキュラムに加え、3年次にはより高度な製靴技術を修得し、“靴”という表現手法を通した独自の世界観を学内外に発信していきます。開発現場で活躍のチャンスが広がるCAD(パソコンによる3Dデザインソフト)の操作や企業コラボレーション、ブランディングプロジェクトなど、個々のクリエーションを追求する実践型授業が満載です。
  • バッグメーカーコース

    バッグメーカーコース
    2年間でバッグメーカーに必要な基礎知識、技術を体系的に学ぶ

    さまざまなバッグのデザイン・制作技術を中心に、原寸図面の描き方やマテリアル知識、マーケティングのノウハウなどプロのバッグクリエーターに必要な基礎知識を体系的に学んでいきます。また、オリジナル金具を制作する金属加工、プリントを学ぶ表面加工、実践力を養う企業コラボレーション課題など、1歩先を行くクリエーターを目指すためのカリキュラムも充実しています。
  • ウォッチメーカーコース【2年制】

    ウォッチメーカーコース【2年制】
    即戦力となるための知識、技術を修得
  • ウォッチメーカーマスターコース【3年制】

    ウォッチメーカーマスターコース【3年制】
    複雑時計(クロノグラフ)のマイスターを目指す
  • キャリアスクール ウォッチメーカーコース【夜間週2回/1年間】

    キャリアスクール ウォッチメーカーコース【夜間週2回/1年間】
    機械式時計のオーバーホールを中心に、クォーツ式時計の修理や電池交換、脱進機やヒゲゼンマイの調整といった修理技術の基礎を学びます。授業は19時スタートなので、お仕事や学校帰りの通学が可能です。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter