ヒューマン国際大学機構
ヒューマン国際大学機構(HIUC)は、1990年の開校以来、4,800名以上の学生を海外大学へと送りだしてきました。
日本にいながら海外大学に適応できる力を身につけ、海外へと飛び立っていった学生たちは、約9割が学位を取得し自らの夢につなげています。
1999年にニューヨーク州立大学10校と提携、過去約1,200名以上の学生たちが同校へ進学しました。
彼らの各大学での活躍により、本学準備教育の価値を認められ、本学とニューヨーク州立大学の間には強固な信頼関係が構築されるに至りました。
2004年には最大の留学生受け入れを誇るカリフォルニア州立大学と新たに提携。
既に提携関係にあった2年制大学とあわせカリフォルニア州立大学進学への門戸を開きました。
HIUCは世界に約100校ある提携大学の支援を受けながら最適な留学先で皆さんの夢がかなうようサポートする留学準備機関です。