兵庫栄養調理製菓専門学校の先生からメッセージ

アイデアが活きる献立はしっかりした基礎から生まれます

  • 菅原 正教授
    菅原 正教授
    栄養士科 担当副校長
    栄養士科 学科長

    栄養士は食を通して健康な生活を楽しむことを研究し、提案することができなければなりません。
    そのための基礎をしっかりと身につけなくては次の段階へと進めません。
    料理を知り、実質的な調理を学ぶことで専門的な知識が技術に裏付けられてきます。
    そこから新たな献立を作成するアイデアが生まれてくるのです。
    また、グループでの実験や実習を繰り返すことは、社会や異年令の人々との交流をはかるための練習とも言えます。
    栄養士が最も大切にしたいのは人とのコミュニケーションなのです。

技術だけでなく、相手を思い遣る心とポジティブな気持ちも大切に

  • 深澤 譲教授
    深澤 譲教授
    調理師科・製菓衛生師科 担当副校長
    調理師科・製菓衛生師科 学科長

    楽しく学びながら、いつのまにか技術が向上している。
    HYOEIでは、そんなカリキュラムで講義、実習を設定しています。
    もちろん、集団給食実習や校外実習など、現場での実践もしっかり組まれています。
    そう言った高い技術の修得は当然なのですが、今現場が求めている調理師としての人材は、相手(お客様)を楽しくさせるおもてなしの心のある人、つまりサービスの心のある人なのです。
    学生時代には調理技術だけにとどまらず、色々な事にチャレンジして自身の幅を広げてください。
    挑戦なくして進歩なし!です。

着実&迅速にプロの技術を身に付け、資格取得に臨んでください

  • 飯田 耕太郎准教授
    飯田 耕太郎准教授
    製菓衛生師
    調理師

    お客様においしく食べていただける、商品としてのお菓子を作ることが目標。
    そのためにも資格取得はとても大切なことです。
    HYOEIでは、卒業後も受験対策講座を開講して、資格取得をフォローしています。
    定期試験のうち、何回かを技能士試験と同様のものにして、数年後の受験に役立つようにもしています。
    でも、前期は基礎実習を入念に行い、それから進路に合わせた専門実習に入りますので、初心者の方でも安心して入学できます。

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter