専門学校 ICSカレッジオブアーツ
本校は1963年にインテリアデザインスクールとして創立した専門学校で、昼間部と夜間部を備え、多様な学びに対応しています。

「チュートリアル(個別指導)方式授業」を採用しており、個別指導講師は国際的に活躍している現役のプロで、学生一人ひとりの独創性を磨きます。
ICSは「モノの作り方を知っているデザイナーを育てる」「デザインを理解している職人・マイスターを育てる」事を大切にし、木の加工なら何でも作れる工房を備えています。

学生の頃から社会と密接に関わることで即戦力として活躍できる思考力・実践力を養うため、「産学連携」にも力を入れています。

さらに英国国立(ミドルセックス大学)と単位互換による留学制度(学士又は修士取得)を設置する事で、デザインの世界における真の国際人の育成に力を注いでいます。

就業希望学生の就職率は、全学科平均97.0%(就職希望者数65名/就職者数63名 2016年3月卒業生実績)。

卒業生達はインテリアをはじめ、家具、建築、プロダクト、照明など、デザインから施工まで様々な分野で広く活躍しています。