日本宝飾クラフト学院


日本宝飾クラフト学院は、「宝石の街」上野・御徒町に本校を設置し、横浜、名古屋、大阪、福岡の各地域に直営校を持つ、ジュエリー・アクセサリー界屈指のスクールです。
御徒町(おかちまち)は日本のジュエリー産業をリードし、世界からジュエラーが集まるジュエリーの一大集積地です。この街に、1978(昭和53)年ジュエリー産業の発展に貢献できる人材を育成するために学院は設立されました。
現在、地元は元より全国各地のジュエリー・アクセサリー企業に有力な人材を送り出すと共に、ジュエリーの教育機関として、数多くの業界企業とは長い信頼関係を築いています。プロのジュエリークリエイター・デザイナーを目指す方、宝石学の資格取得を目指す方、独立開業をめざす方、フリーの作家をめざす方、趣味で学ぶ方など、様々な方がが様々な目的で生き生きと学んでいます。