関西文化芸術学院の学科紹介

  • 関西文化芸術学院のメディアアート専攻
    デッサン、水彩、油彩、日本画と、これらを基礎にしたさまざまな技法を習得し、さらに一人ひとりの感性による表現を高めていきます。
    ことに今日、表現技法として多く用いられる併用技法、ミクスドメディアを追求していきます。
    なにをどのように表現するかは作家にとっては一生の課題です。課題に真剣に向きあうなかで新たな自分を発見し、それぞれの道がダイナミックに広がります。

    卒業後の主な進路

コレ進をみんなに教えよう!

  • このページをシェアする

  • facebook
  • twitter